美容師と親しくなる

美容師と親しくなる

幸運に「自分に合った美容師」に会えることは人生にとってとても嬉しいことです。

 

 

 

女性にとってはヘアスタイル一つで他人から見たイメージが良くなりますので、想わぬラッキーにも出会えるチャンスが増えるかも知れません。

 

さて、初めて行った美容室で初めての美容師さんにやってもらうのですが、出来栄えの良し悪しには美容師と自分の相互のコミュニケーションが大切です。

 

 

 

お互いに意思が伝わらないために「イメージと違ってがっかり」みたいな結果になることもあります。

 

これは、美容院に関わる問題というより人生での他の場面でも相互の勘違いで結果が悪くなることが多いものです。

 

 

一般の職場の仕事の面でも「言った、言わない」などの意思疎通の問題から仕事に支障をきたすこともありますし、友人関係においても勘違いから不仲になることも多々あります。

 

 

 

特に、美容師と客は初対面から始まりますので「相互の感じ良さ」が大切です。

 

初回に過度に期待しないで「今回は初めてなので自分の希望だけ言っても良いですか?」とか「貴方のアドバイスもお願いします。」などと優しく意思疎通することをお勧めします。

 

 

 

お客の中に金を払う立場で「偉そうに命令口調で注文する」人も見受けられますが、これでは対応する美容師も「ヤル気」が失せます。

 

何と言ってもお互いの気持ちの相性が良いことが大切で、気持よく親しくなることで無理なく言いたいことも言えますし、回数を重ねるに従い出来栄えも理想に近づいてゆきます。