自分合った美容室の判断基準

自分合った美容室の判断基準

美容室を従来通っていたところから新しい美容室に変えたい方がいらっしゃいます。

 

 

 

「良い美容室」という言葉が適切か判りませんが、「自分に合った美容室」の方がピッタリの表現とも言えます。
何故ならば、各美容室ではそれぞれが工夫して自分たちの技術に誇りと自信を持って運営しています。
Aさんには気に入らなくてもBさんにはピッタリ来る場合も多くあります。

 

評判が良くて一見して人気の有る美容室でも自分には合わないことも多々あります。

 

 

また、同じ美容室でも担当する美容師によって上手下手があります。

 

このように、美容室の良否を決めるのには多くの複雑な要素が絡み合いますので「美容室の良否」という表現より「自分に合う美容室」とするほうが適切です。

 

 

 

また、「自分に合う美容室」決める要素も複雑で、決定する判断要素には技術面だけでなく次のような要素も重要な判断要素になります。

 

*設備が整っていて雰囲気が良いから好きだ。
*担当美容師や従業員の対応が感じ良い。
*料金が自分の予算に合っている。
*使用する染料やシャンプー、リンスなどの薬剤が自分の肌や毛髪に合っている。
*立地条件が便利で通いやすい。

 

 

 

・・・このようにカットやパーマなどの技術面に加えて色々な要素がからみ合って「自分に合った美容室」になります。

 

 

 

ですから、「自分に合った美容室」の選定には上記の要素をトータルに考ええて、後は担当する美容師と何回も摺り合わせて自分の望む理想に近づける事が大切です。