無理に話さないスタッフがベスト

無理に話さないスタッフがベスト

あまり話すのが得意ではないというようなお客さんに対して、しつこく話題をふってくるというような美容師も中にはいます。でもお客さんとしては綺麗になりたいという思いで来ているのであって、おしゃべりをしたいとあまり思わないというような人も結構多いのです。

 

 

 

あまり話し過ぎる美容師でしたら、なんだか話しに夢中になられて手が止まっていそうだったり、技術をちゃんと出してくれないように思えて不安になってくるというようなこともあるかもしれません。

 

 

 

そのお客さんが話し好きなタイプか、それともそうではないのかということをある程度見抜けるということが必要になってきます。そしてあまりに無口で会話が全くないということも印象としては、あまり良くはないかもしれません。

 

 

 

お客さんがどのような会話をしたいと思っているのか、どのような話題に興味があるのかというようなことが分かるような美容師がいてくれると、とても楽しい時間が過ごせるかもしれません。

 

 

 

そしてもし話さないというようなことでもそれによって、緊張感がありながら自分が理想の髪型になりたいという願いを叶えてくれれば、それで十分というようなこともあるでしょう。話しが好きな美容師で、お客さんが嫌がっていても気にせず話し続けるというような場合もあります。

 

 

 

そうなってくるとその場所にいることが苦痛になってきてしまいます。実際にお客さんは髪型がきちんと出来上がるまではその場所にいなければいけないという気持ちがあるのですから、居心地の良い雰囲気作りが出来るような話しや対応をしてくれる美容師がベストです。