ヘアカラーの歴史

ヘアカラーの歴史

美容室

「髪を染める」ということはずいぶん昔からおこなわれていたことなのだそうです。起源は旧石器時代後期。儀式などの際に、樹木の汁などを使って髪を染めていたそうです。現在でも使われている草木染めの原点ですね。

 

 

 

一般的にヘアカラー剤として広く使用されている酸性染毛剤は、1863年にドイツ人が発見し、1883年にフランスで過酸化水素との組み合わせによるヘアカラー法の特許を取得したそうです。意外と昔からおこなわれているのですね。

 

 

 

日本で酸性染毛剤が使われるようになったのは明治40年ごろ。その頃は髪を染めるのに2時間以上かかったそうです。その後大正5年に、パラフェニレンジアミンと過酸化水素を用いたヘアカラー剤が発売され、染毛時間が驚くほど短縮されました。

 

 

 

昭和に入ってからは各メーカーでどんどん開発が進み、1970年代頃からはヘアカラーが流行し始めました。今では個性を主張するひとつの方法として、気軽に使われるようになってきました。